文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. アオモジ(ショウガノキ)

アオモジ(ショウガノキ) [青文字]

  • アオモジ(ショウガノキ)
  • アオモジ(ショウガノキ)
花の色
開花時期 3月 4月
花言葉
友人が多い
花の特徴
広がった小枝に、葉に先立って淡黄色の花を房状につける。白い総苞に包まれた花被片は6枚ある。雌雄異株で雄花は大きく花数も多い。
葉の特徴
葉は長さ10~15cm位の披針形で全縁。有柄で薄質の葉の裏面は粉白色を帯びている。
実の特徴
球形をした液果は秋に黒く熟す。
この花について
同じクスノキ科のクロモジ属クロモジに対し、枝が緑色を帯びているところからアオモジと呼ばれ、芳香があることから爪楊枝の材料とされる。成熟した果実はレモンのような香りと、辛味があることからショウガノキの呼び名もある。また地方により、花姿からソロバンノキ、開花時期から卒業花の名もある。
生育地 庭植え、林野
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 300~500cm
分布 九州西部から沖縄に分布し、本州西部、四国でも見られる。
名前の読み あおもじ(しょうがのき)
分類 クスノキ科 ハマビワ属
学名 Litsea cubeba (Lour.) Pers

アオモジ(ショウガノキ)の360度画像ビューワー

アオモジ(ショウガノキ)の画像ビューワー1

アオモジ(ショウガノキ) [青文字]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ヒカゲツツジ

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:"花の色は淡い黄白色で、ツツジの仲間ではめずらしい。 枝先に2輪から4輪の花をつける。 花径は3、4センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 雄しべは10本である。"

  • ユキヤナギ

    色:
    大きさ:100~150センチ
    花の特徴:株元から多数の枝を出し、白い小さな花がいっぱいに咲く。 その花の様子が雪のように見え、また枝や葉の形が柳のような形に見えることからこの名がつけられたという。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ