文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. アカバナマンサク

アカバナマンサク [赤花満作]

  • アカバナマンサク
  • アカバナマンサク
花の色
開花時期 2月 3月
誕生花
2 月 21日
花言葉
情熱
花の特徴
葉の展開に先立って花を咲かせる。 花弁は4枚、萼片も4枚である。 雄しべは4本、雌しべは1本である。
葉の特徴
葉は円形ないし倒卵形で、互い違いに生える(互生)。 上半分にぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
さく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)
その他
分類上は、マルバマンサクの品種の1つとされている。 マルバマンサクはマンサクの日本海型変種である。 別名をベニバナマンサクという。 花弁のつけ根の部分だけ赤いものはニシキマンサクと呼ばれる。
生育地 山地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~8メートル
分布 北海道、本州の日本海側
名前の読み あかばなまんさく
分類 マンサク科 マンサク属
学名 Hamamelis japonica var. obtusata f. incarnata

アカバナマンサク [赤花満作]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ナズナ

    色:
    大きさ:10~50センチ
    花の特徴:花径15ミリから35ミリくらいの小さな白い十字花をたくさんつける。 花弁は4枚、萼片も4枚である。 雄しべは6本、雌しべは1本である。 下のほうには実ができるが、先端部には次々と蕾ができて開花する。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ