文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. アマルクリヌム・ハワルディー

アマルクリヌム・ハワルディー [アマルクリヌム・ハワルディー]

  • アマルクリヌム・ハワルディー
名前の読み あまるくりぬむ・はわるでぃー
分類 ヒガンバナ科 アマルクリヌム属
学名 x Amarcrinum howardii

アマルクリヌム・ハワルディー [アマルクリヌム・ハワルディー]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ウツボグサ(カコソウ)

    色:
    大きさ:20~30センチ
    花の特徴:茎先に紫色の唇状をした花が穂状に固まって咲く。 上唇は帽子のような形になる。 下唇は3つに裂け、真ん中の裂片は細かく切れ込む。 萼片は5枚で、先が鋭く尖る。

  • クジャクアスター

    色: ピンク
    大きさ:50~150センチ
    花の特徴:元々は白花でシロクジャク(白孔雀)と呼ばれるが、ユウゼンギク(友禅菊)との交配で花の色が豊富になり、ピンク、紫色、青、藤色などのものがある。 1つ1つの花径は2センチくらいである。 しかし、株いっぱいに咲くとボリュームがある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ