文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. アメリカテマリシモツケディアボロ

アメリカテマリシモツケディアボロ [アメリカ手鞠下野ディアボロ]

  • アメリカテマリシモツケディアボロ
  • アメリカテマリシモツケディアボロ
花の色
開花時期 5月 6月 7月
花の特徴
葉の展開した後に花をつける。 枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、半球状に白い小さな花をつける。 花序の様子はコデマリに似る。 花序径は4センチくらい、花径は1センチくらいである。 葉の色との対比が美しい。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉の色は暗い紫色をしていることである。 葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、3つから5つに切れ込む。 葉の裏面は白っぽい。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)で、赤く熟する。
その他
ディアボロはラテン語で「悪魔」を意味する。 オランダのエスベルト園で作出されたという。 特徴は葉の色が暗い紫色をしていることである。 そこからアカバコデマリなどの流通名が用いられている。
生育地 庭植え
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 北アメリカ オランダで作出された園芸品種
名前の読み あめりかてまりしもつけでぃあぼろ
分類 バラ科 テマリシモツケ属
学名 Physocarpus opulifolius Diabolo

アメリカテマリシモツケディアボロ [アメリカ手鞠下野ディアボロ]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ハクサンイチゲ

    色:
    大きさ:20~40センチ
    花の特徴:茎先の苞葉(芽や蕾を包んでいる葉)の真ん中から数本の柄を出し、花径3、4センチの白い花をつける。 5枚から7枚の花びらのように見えるのは萼である。 花の真ん中には黄色い雄しべが密集し、緑色の雌しべとコントラストをなす。

  • ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)

    色: ピンク
    大きさ:20~60cm 茎には柔らかい毛が生える。
    花の特徴:茎の上部の葉の脇に淡いピンクの花をつける。 花径は10ミリから15リくらいで、花びらは4枚ある。 花びらの先は丸くなっている。 花びらには濃い紅色の筋が入り、中心部は黄緑色である。 雄しべは8本あり、花粉のある葯の部分は白い。 雌しべの先端は紅色で4つに裂け、十字状になる。 名の由来は夕方から咲くことによるが、現在では昼間から咲いている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ