文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. アンゲロニア(サマースナップドラゴン)

アンゲロニア(サマースナップドラゴン) [アンゲロニア]

  • アンゲロニア(サマースナップドラゴン)
  • アンゲロニア(サマースナップドラゴン)
花の色 ピンク
開花時期 5月 6月 7月 8月 9月 10月
花言葉
過去の恋人
花の特徴
花の色は青、紫色、白、ピンクなどのものがある。 花径は1センチくらいだが、たくさんの花がつく。 花冠は5つに裂け、喉の部分には模様が入る。 花はよい香りがする。
葉の特徴
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。 葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
さく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)
この花について
花茎が次々と伸びて、こんもり茂る。
その他
英名はサマースナップドラゴン(summer snapdragon)である。 スナップドラゴンはキンギョソウのことである。 種小名の angustifolia は「細葉の」を意味する。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 60~120センチ
分布 中央アメリカ
名前の読み あんげろにあ(さまーすなっぷどらごん)
分類 ゴマノハグサ科 アンゲロニア属
学名 Angelonia angustifolia

アンゲロニア(サマースナップドラゴン) [アンゲロニア]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ロッカクヤナギ

    色:
    花の特徴:シダレヤナギに比して、枝が特に長くて垂直に枝垂れ、葉は線状披針形で葉身が枝とほぼ平行に垂れる。

  • ハナノキ(ハナカエデ)

    色:
    大きさ:10~20メートル
    花の特徴:紅色の花を咲かせる。これが名の由来でもある。雌雄異株である。 雄花のほうが集まってつくので美しさが目立つ。 1つの花には萼片と花弁が5枚ずつある。 萼片の長さは3ミリくらいで、花弁はそれよりもやや短い。 雄花には長い雄しべが5本ある。 雌花にも雄しべがあるが短く、先が2つに裂けた花柱(雌しべ)が飛び出る。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ