文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. アンスリウム・アンドレアナム

アンスリウム・アンドレアナム [オオベニウチワ]

  • アンスリウム・アンドレアナム
  • アンスリウム・アンドレアナム
花言葉
情熱 , 煩悩 , 飾らない美しさ , 印象深い , 無垢な心(白) , 熱心
花の特徴
花は茎頂に単生するか散房花序、または円錐花序につく。花弁の基本数は5個であるが、八重になるものも多い。 仏炎苞は心臓形で、長さ10~15㎝、革質で独特のエナメル質光沢がある。肉穂花序は長さ6~8㎝の円柱状で、多くの場合、上部は淡黄色、基部は白色となるが変異が多い。
葉の特徴
葉の長さは20~40㎝、幅15~20㎝、鋭尖頭の長心臓形で、革質で光沢がある。葉柄は細いがかたく丈夫で、葉身より長い。
生育地 直射を避けた明るい室内に置き、冬は10℃以上を保つ。 水やりは春~秋は土の表面が乾いたら行い、夏場は葉水も兼ねて葉上から行う。 低温期は霧吹きで土の表面がぬれる程度に与える。肥料は5~9月に、千倍に薄めた液肥を月1~2回施す。
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~100㎝
分布 コロンビア・エクアドル
名前の読み あんすりうむ・あんどれあなむ
分類 サトイモ科科 アンスリウム属属
学名 Anthurium andraeanum

アンスリウム・アンドレアナムの360度画像ビューワー

アンスリウム・アンドレアナムの画像ビューワー1

アンスリウム・アンドレアナム [オオベニウチワ]

今咲いている花

8月に咲く花

  • アサザ

    色:
    大きさ:5~10センチ
    花の特徴:縁が糸状に裂けてフリルのようになった黄色い花を花茎の先につける。 花びらは5枚あるが、花の根元はつながっており、合弁花である。 一日花で午前中に開き、夕方には閉じる。

  • ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)

    色: ピンク
    大きさ:20~60cm 茎には柔らかい毛が生える。
    花の特徴:茎の上部の葉の脇に淡いピンクの花をつける。 花径は10ミリから15リくらいで、花びらは4枚ある。 花びらの先は丸くなっている。 花びらには濃い紅色の筋が入り、中心部は黄緑色である。 雄しべは8本あり、花粉のある葯の部分は白い。 雌しべの先端は紅色で4つに裂け、十字状になる。 名の由来は夕方から咲くことによるが、現在では昼間から咲いている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ