文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. アンデスノオトメ(カッシア)

アンデスノオトメ(カッシア) [アンデスの乙女]

  • アンデスノオトメ(カッシア)
  • アンデスノオトメ(カッシア)
花の色
開花時期 8月 9月 10月
花言葉
乙女の祈り
花の特徴
葉の脇から散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、マメ科特有の黄色い蝶形をした花を咲かせる。 花径は3センチくらいである。
葉の特徴
葉は偶数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。 小葉の形は細長い楕円形である。
実の特徴
豆果(莢の中に種子が入るもの)
その他
日本へは昭和時代の初期に渡来した。 「アンデスの乙女」は流通名である。 和名はハナセンナという。 属名の Senna は生薬の「旃那」を意味する。 種小名の corymbosa は「散房花序の」という意味である。
生育地 庭植え、鉢植え
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 2~3メートル
分布 原産地はブラジル中部からアルゼンチン北部
名前の読み あんですのおとめ(かっしあ)
分類 マメ科 センナ属
学名 Senna corymbosa

アンデスノオトメ(カッシア) [アンデスの乙女]

今咲いている花

8月に咲く花

  • ハマナデシコ

    色:
    大きさ:20~50センチ
    花の特徴:茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、花径15ミリくらいの紅紫色の5弁花をたくさんつける。 花弁の先は浅く切れ込む。 萼片5枚、雄しべ10本、雌しべ1本である。

  • ハナトラノオ

    色: ピンク
    大きさ:60~120センチ
    花の特徴:四方に突き出すように花が咲き、花穂は四角錐のようになる。 花は下から順に次々と咲き上がっていく。 花の色はピンクや白や紫色などがある。 花径は2センチくらいの唇形で、内側に紅紫色の斑点がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ