文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. イジュ

イジュ [伊集]

  • イジュ
  • イジュ
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径3~4センチのツバキに似た白い花をつける。
葉の特徴
樹皮は厚く、褐色をしている。 葉は長めの楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉は先が尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉の表面には艶がある。
実の特徴
実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、10月ころに5つに裂ける。
この花について
樹皮は厚く、褐色をしている。
その他
材は建築用材とされる。 樹皮にはサポニンが含まれ、魚を獲るのに使われる。 なお、小笠原諸島に分布するヒメツバキと同一とする見方もある。 種小名の liukiuensis は「琉球の」の意味。
生育地 山地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 10~15メートル
分布 奄美大島から八重山諸島
名前の読み いじゅ
分類 ツバキ科 ヒメツバキ属
学名 Schima liukiuensis

イジュ [伊集]

今咲いている花

4月に咲く花

  • バラ

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:15~200センチ
    花の特徴:花は茎頂に単生するか散房花序、または円錐花序につく。 花弁の基本数は5個であるが、八重になるものも多い。

  • アケビ

    色:
    大きさ:5~10メートル
    花の特徴:雌雄同株である。 花弁はなく、3枚の花弁のように見えるのは萼片である。 雌花には雌しべ、雄花には雄しべがある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン