文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. イヌヌマトラノオ

イヌヌマトラノオ [犬沼虎の尾]

  • イヌヌマトラノオ
名前の読み いぬぬまとらのお
分類 サクラソウ科 オカトラノオ属
学名 Lysimachia x pilophora

イヌヌマトラノオ [犬沼虎の尾]

同じサクラソウ科に属する花

今咲いている花

7月に咲く花

  • キキョウ(バルーンフラワー)

    色:
    大きさ:40~100センチ
    花の特徴:秋の七草の1つだが、むしろ真夏が盛りである。 花は先が5つに裂けた鐘形である。 咲き始めは、花粉のついた雄しべは雌しべの花柱にくっついている。 花柱に花粉をつけ終わると雄しべはしなびる。 花柱の花粉が昆虫に持ち去られると、先が5つに裂けて柱頭が現れる。 花の色は濃い青紫が基本だが、園芸品種には白や淡い紫、淡いピンクなどがあり、半八重咲きのものもある。

  • アンスリウム・アンドレアナム

    色: ピンク その他
    大きさ:10~100㎝
    花の特徴:花は茎頂に単生するか散房花序、または円錐花序につく。花弁の基本数は5個であるが、八重になるものも多い。 仏炎苞は心臓形で、長さ10~15㎝、革質で独特のエナメル質光沢がある。肉穂花序は長さ6~8㎝の円柱状で、多くの場合、上部は淡黄色、基部は白色となるが変異が多い。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ