文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. イヌビワ

イヌビワ [犬枇杷]

  • イヌビワ
  • イヌビワ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
雌雄異株である。 花は果実状で、花は外からは見えない集合花となっている。 イチジク属に見られる花序で、隠頭花序と呼ばれている。
葉の特徴
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。 葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は灰白色を帯びる。
実の特徴
結実期は9~12月である。 実は秋に熟すると濃い紫色になる。 このような果実はイチジク状果と呼ばれる。 植物では「犬」の文字は「食べられない」という意味でつけられるものが多いが、このイヌビワは熟すと食べられる。 食感はイチジクに似ているという。 なお、食用とする部分は果肉ではなく、花托といわれる部分である。
この花について
枝を傷つけると白い乳液がでる。
その他
和名の由来は、果実がビワに似ているが味は劣るというところからきている。 属名の Ficus はイチジクを意味するラテン語である。 種小名の erecta は「直立した」という意味である。
生育地 低山や山地の林の縁
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~5メートル
分布 本州の関東地方から沖縄
名前の読み いぬびわ
分類 クワ科 イチジク属
学名 Ficus erecta

イヌビワ [犬枇杷]

今咲いている花

6月に咲く花

  • フユサキアジサイ・スプリングエンジェル

    色: ピンク
    大きさ:15~200cm
    花の特徴:"豊富な花色を持つ西洋アジサイと常緑性のトキワアジサイの交配から作出された冬咲きアジサイ。冬も休眠しないので、一定以上の温度があれば、年間を通して成長・開花します。 ピンクエレガンスは、パステルピンクの大輪花で不完全な八重咲き。花付き・花持ちが良く愛らしい印象です。 冬に咲いた花は3月中~下旬までに花の下から2~3節のところで切ると、5~6月に2番花が咲きます。その後は翌年の花芽を作るため、7月下旬までに同じく花の下から2~3節のところで茎を切ると、夏に伸びた枝の先端が秋に花芽となります。

  • ユキツバキ

    色:
    大きさ:1~3メートル 枝は地表を這って雪に耐える。
    花の特徴:花は枝先に1つずつつく。 花は小振りの濃い紅色で、花びらを横に平らに開く。 白花のものもある。 雄しべの花糸は短く、鮮やかな黄色である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ