文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. イヌビワ

イヌビワ [犬枇杷]

  • イヌビワ
  • イヌビワ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
雌雄異株である。 花は果実状で、花は外からは見えない集合花となっている。 イチジク属に見られる花序で、隠頭花序と呼ばれている。
葉の特徴
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。 葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は灰白色を帯びる。
実の特徴
結実期は9~12月である。 実は秋に熟すると濃い紫色になる。 このような果実はイチジク状果と呼ばれる。 植物では「犬」の文字は「食べられない」という意味でつけられるものが多いが、このイヌビワは熟すと食べられる。 食感はイチジクに似ているという。 なお、食用とする部分は果肉ではなく、花托といわれる部分である。
この花について
枝を傷つけると白い乳液がでる。
その他
和名の由来は、果実がビワに似ているが味は劣るというところからきている。 属名の Ficus はイチジクを意味するラテン語である。 種小名の erecta は「直立した」という意味である。
生育地 低山や山地の林の縁
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~5メートル
分布 本州の関東地方から沖縄
名前の読み いぬびわ
分類 クワ科 イチジク属
学名 Ficus erecta

イヌビワ [犬枇杷]

今咲いている花

5月に咲く花

  • アヤメ

    色:
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:茎先に花径5~8センチくらいの青紫色の花を1~3輪くらいつける。 内花被片と外花被片が3枚ずつある。 外側に3枚の大きな花びら(外花被片)が垂れ下がる。 この花びらのつけ根の部分にある網目模様と黄色い斑特徴である。

  • ベニバナトキワマンサク

    色:
    大きさ:5~6メートル 小枝、花序、葉の裏面の脈上などに毛が生えている。
    花の特徴:枝先に赤い花が6個から8個集まってつく。 花びらは4枚で、細長いひも状をしている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ