文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. イロハカエデ(イロハモミジ)

イロハカエデ(イロハモミジ) [いろは楓]

  • イロハカエデ(イロハモミジ)
  • イロハカエデ(イロハモミジ)
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
若葉の展開と合わせて、柄のある小さな花を下向きにつける。 花は雄花と両性花が交じるが、両性花の数は少ない。 萼片は暗い紫色を帯びており、5枚ある。 花弁は黄緑色で萼片よりも短く、やはり5枚ある。 雄しべは8本ある。
葉の特徴
葉は向かい合って生え(対生)、手のひら状に5つから7つに深く裂ける。 裂片には不規則なぎざぎざ(鋸歯)があり、先が長く伸びる。 この裂片を「いろはにほ」と数えたというのが名の由来である。
実の特徴
花の後につく実は翼果(翼のある実)である。
この花について
秋の紅葉が美しい。
その他
別名をイロハモミジ、タカオカエデともいう。 タカオカエデは京都の高雄に多いことからきている。 俳句では「紅葉」が秋の季語である。 属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語に由来する。 種小名の palmatum は「手のひら状の」という意味である。
生育地 平地から低山の斜面や渓谷 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 10~15メートル
分布 本州の福島県から九州 日本海側では福井県以西 朝鮮半島、中国
名前の読み いろはかえで(いろはもみじ)
分類 カエデ科 カエデ属
学名 Acer palmatum

イロハカエデ(イロハモミジ) [いろは楓]

今咲いている花

11月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ