文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ウキツリボク(チロリアンランプ)

ウキツリボク(チロリアンランプ) [浮釣木]

  • ウキツリボク(チロリアンランプ)
  • ウキツリボク(チロリアンランプ)
花の色
開花時期 6月 7月 8月 9月 10月
花の特徴
葉の脇から長い花柄を垂れ下がらせて、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせる。 そのため、流通名をチロリアンランプという。 花は黄色だが、膨らんだ赤い5稜形の萼が目立つ。 雄しべと花柱(雌しべ)は飛び出している。
葉の特徴
葉は円形ないし三角形に近に、互い違いに生える(互生)。 葉には柄があり、托葉(葉のつけ根にある付属体)を持つ。 葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
和名の由来は、花が空中に浮かんで吊り下がっていることからきている。 属名の Abutilon は「a(否定)+bous(牡牛)+tilos(下痢)」からきている。家畜の下痢止めに効果があるという意味で名づけられた。 種小名の megapotamicum は「リオグランデ川の」という意味である。
生育地 鉢植え
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 20~150センチ
分布 原産地はブラジル
名前の読み うきつりぼく(ちろりあんらんぷ)
分類 アオイ科 イチビ属
学名 Abutilon megapotamicum

ウキツリボク(チロリアンランプ) [浮釣木]

今咲いている花

11月に咲く花

  • フウセンカズラ

    色:
    大きさ:3メートル
    花の特徴:葉の脇から散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小さな花をつける。 花径は5ミリくらいで、4弁花である。 花の後に、緑色の風船形の実がなる。

  • シシウド

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:茎先に複数の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、小さな白い小さな花をたくさんつける。 まるで花火が開いたように見える。 花弁は5枚で内側に曲がる。 雄しべは5本、雌しべは1本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ