文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ウツボグサ(カコソウ)

ウツボグサ(カコソウ) [靫草]

  • ウツボグサ(カコソウ)
  • ウツボグサ(カコソウ)
花の色
開花時期 6月 7月 8月
誕生花
9 月 19日
花言葉
優しく癒す
花の特徴
茎先に紫色の唇状をした花が穂状に固まって咲く。 上唇は帽子のような形になる。 下唇は3つに裂け、真ん中の裂片は細かく切れ込む。 萼片は5枚で、先が鋭く尖る。
葉の特徴
葉の形は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。 葉の縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後に花穂のみが枯れたように褐色に変わる。 これは結実するためだが、そのためカコソウ(夏枯草)の別名がある。 花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
この花について
茎は根元から群がって生える。 茎の断面は四角形である。 茎や葉には白い毛が生える。
その他
和名の名の由来は、毛ばだった花穂を靫(矢を携帯する用具)に見立てたものである。 花穂を乾燥させたものを生薬で夏枯草(かこそう)といい、利尿薬として利用される。 俳句の季語は夏である。 属名の Prunella はドイツ語だが意味がはっきりせず、語源について議論の多い言葉である。 種小名の vulgaris は「普通の」という意味である。 亜種名の asiatica は「アジアの」という意味である。
生育地 日当たりのよい草地や道ばた
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~30センチ
分布 北方領土を含む北海道から沖縄 朝鮮半島、台湾、中国、サハリン、シベリア
名前の読み うつぼぐさ(かこそう)
分類 シソ科 ウツボグサ属
学名 Prunella vulgaris subsp. asiatica

ウツボグサ(カコソウ) [靫草]

今咲いている花

6月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ