文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ウンナンオウバイ

ウンナンオウバイ [雲南黄梅]

  • ウンナンオウバイ
  • ウンナンオウバイ
花の色
開花時期 1月 2月 3月 4月
花言葉
明朗
花の特徴
鮮やかな黄色い花を下垂して咲かせる。 花径は4~5センチくらいである。 花冠は先が6つから8つに裂ける。 八重咲きのものもある。 雄しべは2本、雌しべは1本である。
葉の特徴
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、向かい合って生える(対生)。 小葉の形は長い楕円形である。
実の特徴
実はならない。
その他
日本へは明治時代の初期に渡来した。 ウンナンソケイ、オウバイモドキの別名がある。 属名の Jasminum はアラビア語の「ysmyn(マツリカ)」をラテン語化したものである。 種小名の mesnyi は植物採集家「メズニーさん(W.Mesny)の」という意味である。
生育地 公園樹、庭園樹、庭木
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 2~3メートル
分布 原産地は中国の西南部
名前の読み うんなんおうばい
分類 モクセイ科 ソケイ属
学名 Jasminum mesnyi

ウンナンオウバイ [雲南黄梅]

今咲いている花

4月に咲く花

  • オオシロショウジョウバカマ

    色:
    花の特徴:湿った渓流沿いなどに生育する大型のショウジョウバカマ。日本の固有種で個体数がもともと少ない。特に徳之島では一つの個体群しか知られていない。

  • ウラシマソウ

    色:
    大きさ:40~50センチ
    花の特徴:茎先に肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。 花序は仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)に覆われている。 仏炎苞の名は、仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたものである。 仏炎苞の色は暗い紫色である。 また、花序から付属体が細長いひも状に伸び上がり、途中から垂れ下がるのが特徴である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン