文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. エゾエンゴサク

エゾエンゴサク [蝦夷延胡索]

誕生花
-月 -日
花言葉
エゾエンゴサク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 04月05月
花の色 ピンク
名前の読み えぞえんごさく
分布 北海道と本州北部の日本海側
生育地 山地の林の中や原野
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分類 ケシ科 キケマン属
学名 Corydalis ambigua
花の特徴
開花時期は4~5月である。
長さ15~25ミリくらいで先が唇状の小さな花が茎の上部に総状に数個つく。
花の色は青、紫、赤紫のほか、稀に白花も咲く。
葉の特徴
葉は楕円形の小葉3枚1組からなる複葉である。
実の特徴
花の後にできる実は線形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
その他
地下に直径1センチくらいの塊茎があり、食用となる。
また、乾燥したものは生薬の延胡索(えんごさく)とされる。
鎮痛、鎮痙藥として頭痛、胃痛などに用いられる。
ドラマでは「風のガーデン」に登場した。
属名の Corydalis はギリシャ語の「korydallis(ヒバリ)」からきている。長い距のある花の形から連想して名づけた。
種小名の ambigua は「疑わしい」という意味である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「エゾエンゴサク」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
04月05月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!