文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. エゾムラサキツツジ

エゾムラサキツツジ [蝦夷紫躑躅]

  • エゾムラサキツツジ
  • エゾムラサキツツジ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
葉の展開に先立って花をつける。 花の色は紅紫色で、花径は25ミリから30ミリくらいである。 花冠は5つに裂けて平らに開く。 雄しべは10本である。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。 ただし、枝の先に集まってつくので一見すると輪生しているように見える。 葉には艶がある。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
生育地 山地の林の中や林の縁
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~3メートル
分布 北海道の東部と北部 朝鮮半島の北部、中国の東北部、ウスリー地方
名前の読み えぞむらさきつつじ
分類 ツツジ科 ツツジ属
学名 Rhododendron dauricum

エゾムラサキツツジ [蝦夷紫躑躅]

今咲いている花

4月に咲く花

  • キンラン

    色:
    大きさ:30~70センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、3輪から10輪くらいの花をつける。 花径は2センチくらいで、花の色は鮮やかな黄色である。 花は平らには開かず上向きに半開し、下から上へと咲き上る。 唇弁は上の唇と下の唇とに分かれる。 上唇には赤い斑が入り、縦長の筋がある。 下唇は浅い円錐状の距になっている。

  • ヒカゲツツジ

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:"花の色は淡い黄白色で、ツツジの仲間ではめずらしい。 枝先に2輪から4輪の花をつける。 花径は3、4センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 雄しべは10本である。"

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン