文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. エドヒガン

エドヒガン [江戸彼岸]

  • エドヒガン
  • エドヒガン
花の色 ピンク
開花時期 3月
花の特徴
葉の展開に先立って花を咲かせる。 蕾の色は淡い紅色である。 花の色も淡い紅色で、花径15~25ミリくらいの小輪一重咲きである。 花びらは5枚で、花びらの形は楕円形である。 咢筒の形が丸い壺形なのが特徴である。 よく似たソメイヨシノの咢筒は丸くならない。 一総につく花の数は2、3輪である。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉の縁には鋭い重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。 葉には両面に毛が生える。
実の特徴
花の後には球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)を結実させるが、数は少ない。
この花について
樹皮は暗い灰褐色で、縦に浅く裂ける。
その他
和名の由来は江戸で彼岸のころに咲くことからきている。 別名をアズマヒガン、ウバヒガンともいう。 「老婆(うば)」は、葉のないうちに咲くところからきている。 根尾谷の薄墨桜や盛岡の石割桜などが知られる。
生育地 平地、山地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 10~25メートル
分布 本州から九州
名前の読み えどひがん
分類 バラ科 サクラ属
学名 Prunus pendula f. ascendens

エドヒガン [江戸彼岸]

今咲いている花

3月に咲く花

  • ヤマコウバシ(ヤマコショウ, モチギ)

    色:
    花の特徴:落葉小高木。葉を破るとショウブの香りがする。

  • マンサク

    色: その他
    大きさ:1~3メートル
    花の特徴:葉の展開に先立って花を咲かせる。 花は2から4個が固まってつく。 黄色い花びら(花弁)は4枚で、茶色い4枚の萼片とのコントラストが美しい。 萼片も黄色いものもある。 雄しべは4本、雌しべは1本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン