文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. エンコウソウ

エンコウソウ [猿喉草]

  • エンコウソウ
  • エンコウソウ
花の色
開花時期 04 05 06
花の特徴
茎先が斜上し、花径3センチくらいの黄色い花をつける。 花は普通は2輪ずつつく。 普通は5枚ある花弁のように見えるものは萼片である。 雄しべはたくさんあり、雌しべは5本である。
葉の特徴
根際から生える葉は腎円形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉には艶があり、葉のつけ根の部分は重ならず開いている。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
その他
「猿候」というのは手長猿ないし河童の別名である。 和名の由来は、地面を這う茎を手長猿の手に見立てたものだという。 近縁種のエゾノリュウキンカは茎が直立する。
生育地 低地や山地の湿地や水辺
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~50センチ
分布 北方領土を含む北海道から本州の山口県 サハリン
名前の読み えんこうそう
分類 キンポウゲ科 リュウキンカ属
学名 Caltha palustris var. enkoso

エンコウソウ [猿喉草]

今咲いている花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ