文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. エンドウ(グリーンピース)

エンドウ(グリーンピース) [豌豆]

誕生花
-月 -日
花言葉
エンドウ(グリーンピース)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月
花の色
名前の読み えんどう(ぐりーんぴーす)
分布 原産地はヨーロッパ
生育地
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 1~3メートル
分類 マメ科 エンドウ属
学名 Pisum sativum
花の特徴
白や赤紫色などの蝶形の花を咲かせる。
葉の特徴
葉は先端に巻きひげのある羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)で、食用とされる。
栽培品種には莢の硬いものと軟らかいものがある。
この花について
その他
非常に古い時代から栽培されていた。
5000年ほど前の青銅器時代の住居跡から種子が発見されている。
また、ツタンカーメン王の棺に入っていた副葬品の中にも種子があった。
日本へは9世紀ないし10世紀に伝わったという。
英名はグリーンピース(green peas)である。
属名の Pisum はギリシャ語で古い植物名からきている。
種小名の sativum は「栽培された」という意味である。
俳句では「豌豆の花」「花豌豆」が春の季語である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「エンドウ(グリーンピース)」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
4月5月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する