文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オオキツネノカミソリ(リコリス)

オオキツネノカミソリ(リコリス) [大狐の剃刀]

  • オオキツネノカミソリ(リコリス)
  • オオキツネノカミソリ(リコリス)
花の色 オレンジ
開花時期 7月 8月
花の特徴
茎先に淡いオレンジ色の花をつける。 花被片は6枚である。 基本種よりも花が大きく、花冠の長さは9センチくらいある。 また、雄しべが長く、花の外につき出すのが特徴である。
葉の特徴
花に先立って早春に生える葉は線形で、葉先は丸い。 葉はヒガンバナよりも幅が広い。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
分類上は、キツネノカミソリの変種とされている。 和名の由来は、葉の形を剃刀に見立て、花の色を狐に見立てたものである。 ヒガンバナと同じように、花の咲くころには葉はなく、茎が伸びて花だけが咲く。 属名の Lycoris はギリシャ神話の海の女神「リコリス(Lycoris)」の名からきている。花の美しさを称えて名づけられた。 種小名の sanguinea は「血のように赤い」という意味である。 変種名の kiushiana は「九州の」という意味である。
生育地 山地の林の縁や山道の脇
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~50センチ
分布 本州の関東地方から九州
名前の読み おおきつねのかみそり(りこりす)
分類 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
学名 Lycoris sanguinea var. kiushiana

オオキツネノカミソリ(リコリス) [大狐の剃刀]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ウメモドキ

    色:
    大きさ:2~3メートル
    花の特徴:雌雄異株である。 葉の脇に淡い紫色ないし白の小さな花をつける。 花弁数は4枚である。 雄花には4本の雄しべがある。 雌花には雌しべと一緒に小さな雄しべが4本ある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ