文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ)

オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ) [大黄花片喰]

  • オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ)
  • オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ)
花の色
開花時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月
花の特徴
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、大きな黄色い花をつける。 花径は3~4センチくらいあり、花びらは5枚である。 花も葉も陽が射すと開き、曇ると閉じる。
葉の特徴
根際から生える葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。 小葉の形は倒心形である。 色は明るい緑色で、暗い紫色の斑が入る。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
英名はバターカップ・オキザリス(buttercup oxalis)である。 「バターカップ」はキンポウゲの仲間のことである。 学名からオキザリス・ペスカプラエないしオキザリス・セルヌアとも呼ばれる。 属名の Oxalis はギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」に由来する。この属の植物にはしゅう酸を含み酸っぱいものが多いことからきている。 種小名の pes-caprae は「山羊の足」という意味である。先が割れた形をたとえている。 キロハナカタバミという別名もある。
生育地 草地、道ばた 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分布 南アフリカのケープ地方 日本へは園芸植物として渡来 関東地方より南で逸出したものが野生化
名前の読み おおきばなかたばみ(おきざりす・ぺすかぷらえ)
分類 カタバミ科 カタバミ属
学名 Oxalis pes-caprae(=Oxalis cernua)

オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ) [大黄花片喰]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アジュガ(セイヨウキランソウ)

    色:
    大きさ:10~30センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を直立させ、花径1、2センチの青紫花をした唇形の花をたくさんつける。 花冠は長さ1センチくらいで、上唇と下唇に分かれる。 上唇は短く2つに裂ける。 下唇は大きく3つに裂け、真ん中の裂片は更に先が裂ける。

  • アヤメ

    色:
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:茎先に花径5~8センチくらいの青紫色の花を1~3輪くらいつける。 内花被片と外花被片が3枚ずつある。 外側に3枚の大きな花びら(外花被片)が垂れ下がる。 この花びらのつけ根の部分にある網目模様と黄色い斑特徴である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ