文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オオバギボウシ(トウギボウシ)

オオバギボウシ(トウギボウシ) [大葉擬宝珠]

  • オオバギボウシ(トウギボウシ)
  • オオバギボウシ(トウギボウシ)
花の色
開花時期 7月 8月
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、下から順に開花する。 花の色は白ないし淡い紫色で、やや下向きに咲く。 一日花で、朝咲いて午後にはしぼむ。
葉の特徴
葉は根際から生え、柄がある。 形は大きな卵形で、弧を描くように走る葉脈が目立つ。 長さは30~40センチくらいあり、つけ根の部分は心形で先は尖る。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、種子には翼がある。
その他
「擬宝珠」というのは、橋の欄干に付ける葱坊主のような形をした装飾のことである。 蕾の形が似ているというので「擬宝珠」の名がつけられた。 若い芽や茎は山菜として利用されている。 別名をトウギボウシという。 俳句では「擬宝珠」が夏の季語である。 属名の Hosta はオーストリアの医師で植物学者の「ホスト(N. Host)さん」にちなんで名づけられた。 種小名の sieboldiana は日本植物の研究者「シーボルトの」という意味である。
生育地 やや湿り気のある原野など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 50~100センチ
分布 北海道から九州
名前の読み おおばぎぼうし(とうぎぼうし)
分類 ユリ科 ギボウシ属
学名 Hosta sieboldiana

オオバギボウシ(トウギボウシ) [大葉擬宝珠]

今咲いている花

4月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン