文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. オオバヤシャブシ

オオバヤシャブシ

  • オオバヤシャブシ
開花時期 3月 4月
花の特徴
高さ5-10mの常緑小高木。海岸近くの山林に生える。黄緑色の花を葉芽とともに開く。雌雄同株で、雄花序は花柄を持たず、前年枝の葉腋に1つずつ出て下垂する。雌花序は花柄を有し、雄花序より上部の側芽につける。
葉の特徴
葉は卵形で、ヤシャブシより幅が広く、長さ6-12cm、幅3-6cm、鋸歯がある
実の特徴
果穂は長さ2-2.5cmで楕円形、秋に熟し斜上または開出する。
この花について
砂防の為に多く植栽される。肥料木としての効果もある。
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-オオバヤシャブシ
大きさ・高さ 5~10m
分布 本州(関東地方南部-紀伊半島)
名前の読み おおばやしゃぶし
分類 カバノキ Betulaceae科
学名 Alnus sieboldiana Matsum.

オオバヤシャブシ

今咲いている花

4月に咲く花

  • テンドロビュウム・ホワイトラビットサクラヒメ

    色:
    大きさ:50~70cm
    花の特徴:白い花弁の外側には淡い紫色のぼかしが入っている。

  • ヒトツバタゴ

    色:
    大きさ:15メートル~25メートル
    花の特徴:枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い花をたくさんつくる。 4つに深く裂けた花びらは細く、白糸を束ねたようである。 満開時には、全体に雪が降り積もったように見える。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ