文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ [大山蓮華]

  • オオヤマレンゲ
  • オオヤマレンゲ
花の色
開花時期 5月 6月 7月
花の特徴
花径は5~10センチくらいあって大形である。 香りの良い白い花を下向きにつける。 花被片は多くて9枚くらいである。 花の中心部には紅色の雄しべがたくさんある。
葉の特徴
葉は楕円形で、ぎざぎざ(鋸歯)はない。 葉の柄の長さは20~50ミリくらいで、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)の集合果である。
その他
属名の Magnolia はフランスの植物学者「マニョルさん(P. Magnol)」の名にちなむ。 種小名の sieboldii は日本植物の研究者「シーボルトの」という意味である。 亜種名の japonica は「日本の」という意味である。
生育地 山地の林の中
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 2~4メートル
分布 本州の関東地方から九州
名前の読み おおやまれんげ
分類 モクレン科 モクレン属
学名 Magnolia sieboldii subsp. japonica

オオヤマレンゲ [大山蓮華]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ジシバリ

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:花茎は上部で枝分かれをし、1輪から3輪の黄色い花をつける。 蒲公英(タンポポ)に似ているが、花びらのように見える舌状花の数はそれより少ない。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ