文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノ木)

オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノ木) [オクナ・セルラータ]

  • オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノ木)
  • オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノ木)
花の色
開花時期 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
花の特徴
花径は3センチくらいの黄色い5弁花をつける。 花はよい香りがする。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。幹には凸凹がある。
実の特徴
花の後にできる実は、核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。 初めは萼が黄緑色で実は緑色である。 やがて熟すと、萼は反り返って赤くなり、実は黒くなる。 その姿がミッキーマウスを連想させる。
その他
実の形から英名をミッキーマウス・プラント(Mickey-Mouse plant)という。 そこから「ミッキーマウスの木」という流通名がある。 属名の Ochna はギリシャ語の「ochne(野生のナシ)」からきている。 種小名の serrulata は「細かい鋸歯のある」という意味である。
生育地 海岸近くの林の中や草地 鉢植え
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 80~150センチ
分布 原産地は南アフリカ
名前の読み おくな・せるらーた(みっきーまうすの木)
分類 オクナ科 オクナ属
学名 Ochna serrulata

オクナ・セルラータ(ミッキーマウスノ木) [オクナ・セルラータ]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アンスリウム・アンドレアナム

    色: ピンク その他
    大きさ:10~100㎝
    花の特徴:花は茎頂に単生するか散房花序、または円錐花序につく。花弁の基本数は5個であるが、八重になるものも多い。 仏炎苞は心臓形で、長さ10~15㎝、革質で独特のエナメル質光沢がある。肉穂花序は長さ6~8㎝の円柱状で、多くの場合、上部は淡黄色、基部は白色となるが変異が多い。

  • ダイアンサス(ナデシコ)

    色: ピンク
    大きさ:15~60センチ
    花の特徴:花は頂生であるが、単生するか、集散あるいは散形花序などにつき、種によってさまざまである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ