文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オニゲシ(オリエンタルポピー)

オニゲシ(オリエンタルポピー) [鬼芥子]

  • オニゲシ(オリエンタルポピー)
  • オニゲシ(オリエンタルポピー)
花の色 オレンジ
開花時期 5月 6月
花の特徴
花びらは4枚から6枚で、花びらの根元に黒いの斑点があるものとないものがある。 花径は10センチから15センチくらいである。 花の色は白、淡い紅色、濃い紅色、橙色などがある。
葉の特徴
根際から生える葉は濃い緑色で、羽状に深く切れ込む。葉や茎全体が白く硬い毛で覆われている。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、表面に毛がなく、青緑色をしている。
その他
英名はオリエンタルポピー(Oriental poppy)である。 耐寒性があるが高温多湿を嫌うので、暖地にはあまり向いていない。 北海道ではあちこちで植えているのを見た。 属名の Papaver はラテン語の「papa(幼児に与える粥)」からきている。ケシの乳汁に催眠作用があるため、粥に混ぜて子どもを寝かせたという。 種小名の orientale は「東方の(中近東の)」という意味である。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 50~100センチ
分布 原産地は西南アジア
名前の読み おにげし(おりえんたるぽぴー)
分類 ケシ科 ケシ属
学名 Papaver orientale

オニゲシ(オリエンタルポピー) [鬼芥子]

今咲いている花

4月に咲く花

  • スミレ

    色:
    大きさ:10~15センチ
    花の特徴:柄を伸ばして濃い紫色の花をつける。 花径は2センチくらいの5弁花である。 花びらの大きさは同じではなく、下の1枚(唇弁)が大きい。 唇弁の真ん中は白く、紫色の筋が入る。 上の2枚を上弁、左右の2枚を側弁という。 側弁のつけ根の部分には毛が生えている。 唇弁の奥には距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)がある。

  • ヒメシャリンバイ

    色: ピンク
    大きさ:1メートル~3メートル
    花の特徴:枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白ないし淡い紅色を帯びた小さな花をたくさんつける。 花径は15ミリくらいで花びらは5枚あり「梅」に似ている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン