文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オニタビラコ

オニタビラコ [鬼田平子]

  • オニタビラコ
  • オニタビラコ
花の色
開花時期 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
誕生花
4 月 30日
花言葉
純愛
花の特徴
茎の上部を枝分かれさせて、それぞれに散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)をつける。 花は花径6~8ミリくらいの小さな黄色い頭花である。 頭花は舌状花のみからなり、舌状花の数は18~30枚くらいと多い。 舌状花の先は5つに裂ける。
葉の特徴
葉には茎につく葉と根際から生える葉がある。 茎につく葉は小さくて2~3枚つき、紫褐色を帯びた毛が生えている。 根際から生える葉は長い楕円形で縁が深く切れ込み、ロゼット状となる。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(1つの種子しかなく開かないもの)で、白い冠毛がつく。
この花について
生育地の環境で草丈は大きく異なる。 茎は中空で、白い毛が生える。
その他
和名の由来は、コオニタビラコに似て大きいことからきている。 「田平子」は、葉が放射状に伸びて田んぼに平らに張りつくというところからつけられた名前である。 属名の Youngia はアメリカの植物学者「ヤング(R. A. Young)さん」の名からきている。 種小名の japonica は「日本の」という意味である。
生育地 道ばた、空き地
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 10~100センチ
分布 北海道から沖縄 朝鮮半島、中国
名前の読み おにたびらこ
分類 キク科 オニタビラコ属
学名 Youngia japonica

オニタビラコ [鬼田平子]

今咲いている花

6月に咲く花

  • レッドロビン(ベニカナメモチ)

    色:
    大きさ:1~2m 葉は要黐(カナメモチ)よりやや大きく、新葉の赤色も強い。
    花の特徴:茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い小さな5弁花をたくさんつける。

  • テッポウユリ

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:まっすぐに伸びた茎の先に漏斗状の白い花を横向きにつける。 花冠の長さは10センチから15センチくらいである。 花被片は6枚である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ