文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. オモト

オモト [万年青]

  • オモト
  • オモト
花の色
開花時期 4月 5月 6月
花の特徴
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い黄緑色をした小さな花を円筒状に密生させる。 花被片は6枚である。
葉の特徴
根際から生える葉は長い卵形で、大きい。 葉の質は革質で分厚く艶があり、縁は波打つ。
実の特徴
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、赤ないし黄色に熟する。
その他
分類体系によっては、スズラン科とされることもある。 漢字では「老母草」とも書く。 俳句では「万年青の実」が秋の季語である。 根茎はロデキシンを含み有毒である。 属名の Rohdea は19世紀のドイツの植物学者「ロイデ(M. Rohde)さん」の名からきている。 種小名の japonica は「日本の」という意味である。
生育地 山地の林の中 鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~60センチ
分布 本州の関東地方から沖縄 中国
名前の読み おもと
分類 ユリ科 オモト属
学名 Rohdea japonica

オモト [万年青]

今咲いている花

5月に咲く花

  • カラタチ

    色:
    大きさ:2~4メートル
    花の特徴:葉の出る前に花が咲く。 白い5弁花である。

  • シャクヤク

    色: ピンク
    大きさ:50~80センチ
    花の特徴:牡丹(ボタン)が咲き終わるのを待つようにして咲き始める。 茎先にボタンに似た花径10センチくらいの花を1つつける。 花弁数は5~10枚であり、もっと多いものもある。 花の色は紅色、桃色、紫紅色、白、黄色などで、一重、八重、半八重咲きなど品種は多彩である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ