文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. カキドオシ(カントリソウ)

カキドオシ(カントリソウ) [垣通し]

  • カキドオシ(カントリソウ)
名前の読み かきどおし(かんとりそう)
分類 シソ科 カキドオシ属
学名 Glechoma hederacea var. grandis

カキドオシ(カントリソウ) [垣通し]

今咲いている花

4月に咲く花

  • スミレ

    色:
    大きさ:10~15センチ
    花の特徴:柄を伸ばして濃い紫色の花をつける。 花径は2センチくらいの5弁花である。 花びらの大きさは同じではなく、下の1枚(唇弁)が大きい。 唇弁の真ん中は白く、紫色の筋が入る。 上の2枚を上弁、左右の2枚を側弁という。 側弁のつけ根の部分には毛が生えている。 唇弁の奥には距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)がある。

  • スズラン

    色:
    大きさ:20~40センチ
    花の特徴:「鈴」のような白花を十数個下垂して咲かせる。 花は普通は葉に隠れるように咲く。 そこから君影草(キミカゲソウ)の別名がある。 芳香があり、香水の原料にもなる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン