文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. カサブランカ

カサブランカ [Casa Blanca]

  • カサブランカ
  • カサブランカ
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花の特徴
純白の大輪の花をつけ、「ユリの女王」と言われる。 花被片は6枚である。
葉の特徴
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
その他
1970年代にオランダで作出された園芸品種で、オリエンタルハイブリッドと呼ばれるグループに属する。 オリエンタルハイブリッドというのは、日本に自生するヤマユリやカノコユリなどを原種とするグループである。 カサブランカはモロッコにある都市名で、映画の名でも知られている。 属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。
生育地 庭植え、鉢植え、切り花
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 園芸品種
名前の読み かさぶらんか
分類 ユリ科 ユリ属
学名 Lilium Casa Blanca

カサブランカ [Casa Blanca]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ユキモチソウ

    色:
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:葉の間から肉穂花序を立て、紫褐色の仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)をつける。 仏炎苞の外側には白い縦の筋が入り、内側は黄白色である。 真ん中に白い棍棒のような形で先が丸くふくれた付属体がある。

  • キンセンカ(カレンデュラ)

    色: オレンジ その他
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:花の色は黄色、オレンジ色、クリーム色などである。 花径は7~12センチくらいである。 一重咲きのものと八重咲きのものがある。 日の出とともに開き夜には花を閉じる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン