文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. カタクリ

カタクリ [片栗]

  • カタクリ
  • カタクリ
花の色
開花時期 3月 4月
誕生花
3 月 24日
花言葉
謙遜 , 尊重される
花の特徴
茎先に1つずつ下向きに淡い紅紫色の花をつける。 花被片は6枚で、上に向かって強く反り返る。 ただし、反り返るのは日中の陽射しがあるときで、夕方には傘のように閉じる。 花被片のつけ根の部分にはW字形をした濃い紫色の斑が入る。 雄しべは6本、雌しべは1本である。
葉の特徴
根際から生える葉は2枚で、形は長い楕円形ないし卵形である。 葉は厚くて軟らかい。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
種子が地中に入ってから8年ほどの間は花をつけない片葉の状態が続き、それからやっと2枚の葉を出して開花する。 昔は片栗粉の原料とされたが、今はジャガイモ、サツマイモにとって代わられて、本物の片栗粉は薬局でしか手に入らない。 病後の滋養用に使われている。 俳句では「片栗の花」が春の季語である。 属名の Erythronium はギリシャ語の「erythros(赤)」からきている。紅紫色の花をつけるヨーロッパ種を念頭につけられた名である。 種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
その他
PHOTO1撮影者:[jee-je http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=2918_blank]さん/PHOTO2撮影者:[写真おばさん http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=8585 _blank]さん
生育地 山地の林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~20センチ
分布 北海道から九州
名前の読み かたくり
分類 ユリ科 カタクリ属
学名 Erythronium japonicum

カタクリの動画

カタクリ [片栗]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ナツツバキ

    色:
    大きさ:5~15メートル
    花の特徴:葉の脇に花径5センチから6センチの白い花をつける。 花弁は5枚である。 花弁には皺があり、外側の1枚は緑色を帯びる。 雄しべはたくさんあり、花糸は黄色い。 花は一日花で、咲いた後は花の形そのままで木の下に落ちる。

  • イモカタバミ(フシネハナカタバミ)

    色:
    大きさ:10~30センチ
    花の特徴:花茎の先に十数個の花が散形につく。 花弁は5枚である。 花の色は濃い紅紫色で、濃い紅色の筋が入る。 花の真ん中も濃い紅色をしている。 雄しべの葯の色は黄色い。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ