文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. カッコソウ

カッコソウ [勝紅草]

  • カッコソウ
  • カッコソウ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
茎先に花径2、3センチの紅紫色の花を輪状に1段から3段つける。 花弁は5枚で、花冠の喉の部分は濃い紅褐色になる。 稀に白花のものもある。
葉の特徴
根際から生える葉は幅の広い円形で、長い柄がある。 葉の表面には皺があり、縁は浅く不規則に裂ける。花茎や葉の柄には白い毛が密に生える。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
漢字では「羯鼓草」とも書く。 環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。 属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」の縮小形である。同属の1種が他に先駆けて早春に花咲くことで名づけられた。 種小名の kisoana は「木曽の」という意味である。
生育地 山地の林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~20センチ
分布 群馬県桐生市の鳴神山周辺の固有種
名前の読み かっこそう
分類 サクラソウ科 サクラソウ属
学名 Primula kisoana

カッコソウ [勝紅草]

今咲いている花

6月に咲く花

  • 宿根リナリア・アルバ

    色:
    大きさ:50~100cm

  • ニリンソウ(ガショウソウ)

    色:
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:普通は2本の長い花の柄を伸ばし、先端に花径2センチくらいの白い花をつける。 ただし、花の柄は1本のときも3本のときもある。 花の色は淡い紅色を帯びるものもある。 花弁のように見えるのは萼片で、5枚から7枚くらいある。 花の真ん中にはたくさんの雄しべと10本くらいの雌しべがある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ