文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. カラスビシャク

カラスビシャク [烏柄杓]

  • カラスビシャク
  • カラスビシャク
花の色
開花時期 5月 6月 7月 8月
花の特徴
花茎は葉の根元で分かれ、葉より高く伸びる。 そして花茎の先端に長さ6~7センチくらいの筒状で上部が開いた緑色の苞(仏炎苞)をつける。 仏炎苞に包まれるようにして棒状の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。
葉の特徴
葉には10センチくらいの長い柄があって根元から立ち上がり、3枚の小葉が1組の葉を2~3枚つける。 1つの小葉の長さは5~10センチくらいの長い楕円形で、先端は尖っている。 葉柄の中ほどにはムカゴをつける。
実の特徴
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
その他
和名の由来は、仏炎苞を「柄杓」に見立て、人が使うには小さいということで名づけられた。 塊茎は半夏(はんげ)という生薬に用いられる。 鎮吐作用があり、半夏湯(はんげとう)などの漢方薬に配合される。 俳句の季語は夏である。 属名の Pinellia はイタリアの植物学者「ピネリ(G. V. Pinelli)さん」の名からきている。 種小名の ternata は「三数の」という意味である。
生育地 田畑や道ばた、草地
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~40センチ
分布 日本全土に分布 朝鮮半島、中国
名前の読み からすびしゃく
分類 サトイモ科 ハンゲ属
学名 Pinellia ternata

カラスビシャク [烏柄杓]

今咲いている花

7月に咲く花

  • アメリカフヨウ

    色: ピンク
    大きさ:100~150センチ
    花の特徴:上部の葉の脇に花径10~20センチの大きな花をつける。 花びらは5枚で重なり合い、全体として円く見える。 花の色は、ピンクや白で濃淡に変化があり、花の真ん中が暗色になるものとならないものがある。 花は一日花で、朝開いて夕方にはしぼむ。 花の中央で突き出ているのは、雄しべと雌しべの集まりである。 たくさんの雄しべが集まって筒状になり、雌しべを包んでいる。

  • クロコスミア・ノーウィッチキャナリー

    色:
    大きさ:80~100cm
    花の特徴:細い葉の間から花径を伸ばして小型のグラジオラスのような鮮やかな花を咲かせます。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ