文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. カラマツ(ラクヨウショウ, フジマツ)

カラマツ(ラクヨウショウ, フジマツ)

  • カラマツ(ラクヨウショウ, フジマツ)
開花時期 3月 4月 5月
花の特徴
標高1000-2800mの日当たりのよい深山に生える、高さ30mに達する落葉高木。樹皮は暗褐色で長い鱗片状にはがれる。太枝は輪生状に出て、長枝と短枝を有する。
葉の特徴
葉は線形で長さ2-4 cmでやわらかく、長枝にはらせん状、短枝には束でつく。新葉と一緒に短枝の先に雄花は下垂して、紅紫色の雌花は直立してつける。
実の特徴
秋には美しく黄葉し、球果は熟し、それぞれ翼のある種子を2つ持つ種鱗は外側に反る。
この花について
利用:材をとるためによく植えられる。材は建築、合板などに利用される。 名前の由来:新葉の形が唐絵のマツに似ていることから”カラマツ”と江戸末期頃から呼ぶようになった。
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-カラマツ
分布 本州(宮城県・新潟県以南-中部山岳地帯・石川県)
名前の読み からまつ(らくようしょう, ふじまつ)
分類 マツ Pinaceae科
学名 Larix kaempferi (Lamb.) Carriére

カラマツ(ラクヨウショウ, フジマツ)

同じマツ Pinaceae科に属する花

今咲いている花

4月に咲く花

  • カマツカ(ウシゴロシ)

    色:
    大きさ:5~7メートル
    花の特徴:短枝の先に複数の散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径1センチくらいの白い小さな花をたくさんつける。 花びらは5枚で丸い。 雄しべは20本である。 葯(雄しべの花粉を入れる袋)の色は白から黒に変わる。 雌しべの柱頭は3つに裂け、つけ根の部分には白い毛が密生する。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ