文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. カンサイタンポポ

カンサイタンポポ [関西蒲公英]

  • カンサイタンポポ
  • カンサイタンポポ
花の色
開花時期 2月 3月 4月 5月
花言葉
神のお告げ
花の特徴
中空の花茎を出し、舌状花のみから成る花径2~3センチの黄色い頭花をつける。 頭花を包む総包が外側に反り返らないのがセイヨウタンポポとの違いである。 また、カントウタンポポと比べると総包がほっそりしている。
葉の特徴
根際から生える葉は倒披針形で羽状に裂け、ロゼット状に広がる。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
その他
属名の Taraxacum はアラビア語の「tharakhchakon(苦い草)」からきている。 種小名の jponicum は「日本の」という意味である。
生育地 野原や道端
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分布 本州の近畿地方から沖縄
名前の読み かんさいたんぽぽ
分類 キク科 タンポポ属
学名 Taraxacum jponicum

カンサイタンポポ [関西蒲公英]

今咲いている花

2月に咲く花

  • アランセラ

    色: オレンジ
    大きさ:100~200センチ
    花の特徴:葉腋から直立または斜上に出た花茎に、花径3~7㎝の花をつけ総状花序をなす。

  • ハコベ

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:茎のつけ根に花径4~6ミリの小さな白い五弁花をつける。 細い花びらが10枚あるように見えるが、これは5枚の花びらがそれぞれ2つに深く裂けているためである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ