文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. キノクニスズカケ

キノクニスズカケ [紀ノ国鈴掛]

  • キノクニスズカケ
名前の読み きのくにすずかけ
分類 ゴマノハグサ科 クガイソウ属
学名 Veronicastrum tagawae

キノクニスズカケ [紀ノ国鈴掛]

今咲いている花

8月に咲く花

  • ハクチョウソウ(ガウラ)

    色:
    大きさ:80~100センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い4弁花をつける。 花径は2~3センチである。 花の色は桃色のものもある。 一日花で、下から順に咲き上がる。 雄しべは8本である。 雌しべは1本で、柱頭は4つに裂ける。

  • ウキツリボク(チロリアンランプ)

    色:
    大きさ:20~150センチ
    花の特徴:葉の脇から長い花柄を垂れ下がらせて、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせる。 そのため、流通名をチロリアンランプという。 花は黄色だが、膨らんだ赤い5稜形の萼が目立つ。 雄しべと花柱(雌しべ)は飛び出している。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ