文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. キバナオランダセンニチ(ハトウガラシ)

キバナオランダセンニチ(ハトウガラシ) [黄花オランダ千日]

  • キバナオランダセンニチ(ハトウガラシ)
名前の読み きばなおらんだせんにち(はとうがらし)
分類 キク科 オランダセンニチ属
学名 Spilanthes oleracea

キバナオランダセンニチ(ハトウガラシ) [黄花オランダ千日]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ソバ

    色:
    大きさ:40~70センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径6ミリくらいの白ないしピンクの小さな花をたくさんつける。 花弁のように見えるのは萼片で、普通は5枚である。 雄しべは8本である。 雌しべの花柱は1本で、先が3つに裂ける。 短花柱花(花柱が雄しべより短い花)と長花柱花(花柱が雄しべより長い花)がある。茎は直立し、上部で枝分かれをする。 茎に毛は生えていない。

  • コムラサキ

    色:
    大きさ:2~3メートル
    花の特徴:葉の脇に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、薄紫色の小さな花をたくさんつける。 花は筒状で先が4つに裂けて平らに開く。 雄しべは4本、雌しべは1本で、花冠から飛び出る。 紫式部(ムラサキシキブ)に比べると、花も実も葉の柄のつけ根から少し離れた位置から出る。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ