文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. キバナコスモス

キバナコスモス [黄花コスモス]

  • キバナコスモス
  • キバナコスモス
花の色 オレンジ
開花時期 6月 7月 8月 9月 10月 11月
誕生花
10 月 2日
花言葉
絢爛
花の特徴
花茎の先に花径6センチくらいの花(頭花)を1輪つける。 花の色はオレンジ色ないし黄色である。 周りにつく舌状花は普通は8枚で、先が3つに切れ込む。
葉の特徴
葉はコスモスよりも切れ込み方が粗く、裂片の幅が広い。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
その他
矮性種もある。 属名の Cosmos はギリシャ語の「cosmos(飾り)」からきている。 種小名の sulphureus は「黄色の」という意味である。
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 30~100センチ
分布 原産地は熱帯アメリカである。 日本へは大正時代の初期に渡来した。
名前の読み きばなこすもす
分類 キク科 コスモス属
学名 Cosmos sulphureus

キバナコスモスの動画

キバナコスモスの360度画像ビューワー

キバナコスモスの画像ビューワー1

キバナコスモス [黄花コスモス]

今咲いている花

1月に咲く花

  • ナンバンギセル

    色: その他
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:葉のわきから花柄を立て、その先にパイプに似た筒形で薄紫色の花を横向きにつける。 花冠の長さは3センチくらいで、先は浅く5つに裂ける。 花の中には黄色い球のような雌しべの柱頭があり、その下に雄しべが4本ある。 花のつけ根には舟形の萼がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ