文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. キュウリ

キュウリ [胡瓜]

  • キュウリ
  • キュウリ
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花の特徴
雌雄同株である。 花径3センチくらいの黄色い5弁花をつける。
葉の特徴
葉は手のひら状に浅く切れ込み、長い柄があって互い違いに生える(互生)全体に棘状の毛を密生する。
実の特徴
結実期は7~9月くらいである。 実はウリ状果と呼ばれるもので、野菜として普通に利用されている。
この花について
現在では交雑育種が進み、日本独自の品種を作り出している。 漢字では「木瓜」または「黄瓜」とも書く。 俳句では「胡瓜」と「胡瓜の花」が夏の季語である。 属名の Cucumis はラテン語の「cucuma(壷形の容器)」からきている。実の形から連想したものと思われる。 種小名の sativus は「栽培された」という意味である。
その他
PHOTO1撮影者:[*ミヤ* http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=9364]さん/PHOTO2撮影者:[HANA♪HANA http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=5147]さん
生育地
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 南アジアを原産地とする華南型とヒマラヤ山麓を原産地とする華北型とがある。 前者は春胡瓜、後者は夏胡瓜として発達してきた。
名前の読み きゅうり
分類 ウリ科 キュウリ属
学名 Cucumis sativus

キュウリ [胡瓜]

今咲いている花

5月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ