文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. キンギョソウ

キンギョソウ [金魚草]

誕生花
7月 2日
花言葉
涼しげ健やか
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月6月
花の色 オレンジピンク
名前の読み きんぎょそう
分布 原産地は地中海沿岸
生育地 庭植え、鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~100センチ
分類 ゴマノハグサ科 キンギョソウ属
学名 Antirrhinum majus
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、長さ3~4センチくらいの唇形をした花をたくさんつける。
花の色は赤、オレンジ、白、黄色、ピンクなど多様である。
葉の特徴
葉は披針形で、下部では向かい合って生え(対生)、上部では互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
その他
分類体系によってはオオバコ科とされる。
夏の暑さに弱いので、園芸上は一年草として扱う。
花の形が金魚に似ているというのが名の由来である。
属名の Antirrhinum はギリシャ語の「anti(似)+rhinos(鼻)」からきている。花冠の形から名づけられたものである。
種小名の majus は「巨大な」という意味である。
  • 花をまわして見る
  • 花をまわして見る
  • 花をまわして見る
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「キンギョソウ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
4月5月6月
同じ月の誕生花
7月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!