文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. キングサリ(キバナフジ)

キングサリ(キバナフジ) [金鎖]

  • キングサリ(キバナフジ)
  • キングサリ(キバナフジ)
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
葉の脇から房のような総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を垂れ下げ、黄色い蝶形の花をたくさんつける。 房の長さは20センチから30センチくらいにもなる。
葉の特徴
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。 小葉の形は楕円形である。
実の特徴
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
その他
別名をキバナフジ(黄花藤)ともいう。 ただし、フジとは別属でエニシダ属に近い。 有毒植物なので注意が必要である。 和名は英名のゴールデンチェーン(golden chain)をそのまま訳したものである。
生育地 公園樹、庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 5~7メートル
分布 原産地はヨーロッパ南部
名前の読み きんぐさり(きばなふじ)
分類 マメ科 キングサリ属
学名 Laburnum anagyroides

キングサリ(キバナフジ)の360度画像ビューワー

キングサリ(キバナフジ)の画像ビューワー1

キングサリ(キバナフジ) [金鎖]

今咲いている花

6月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ