文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. クマガイソウ

クマガイソウ [熊谷草]

  • クマガイソウ
  • クマガイソウ
花の色 その他
開花時期 4月 5月
花の特徴
葉の間から花茎を出し、茎先に1つの花を下向きにつける。 袋を下げたような花の大きさは10センチくらいあり、日本の野生ランの中では一番大きく、不思議な形をしている。
葉の特徴
根際から生える葉は大きな扇形で、向かい合わせに2枚つく。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)に登録されている。 和名は、武将の熊谷直実にちなんで名づけられた。 「熊谷草」と「敦盛草」の名は、平家物語の「敦盛の最期」の話にちなんでいる。 一の谷の合戦で敗れた平家を追って敦盛の首を泣く泣く討ち取ったのが熊谷直実である。 別名をホロカケソウ(母衣掛け草)という。 母衣(ほろ)は風船のようにふくらませた布のことで、昔の武者は後ろからの矢を防ぐために身にまとっていた。 花の形をこれになぞらえたものである。 俳句の季語は春である。 属名の Cypripedium はギリシャ語の「Cypris(女神ビーナス)+pedilon(スリッパ)」からきている。唇弁が大きく前へ突出して袋状となっているのを婦人用のスリッパにたとえた。 種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
生育地 山地の林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~40センチ
分布 北海道(渡島半島)から九州 中国
名前の読み くまがいそう
分類 ラン科 アツモリソウ属
学名 Cypripedium japonicum

クマガイソウ [熊谷草]

今咲いている花

3月に咲く花

  • カンザクラ

    色:
    大きさ:2~8メートル
    花の特徴:早咲きで知られる河津桜よりも開花は早く、葉の展開に先立って花をつける。 花序は散形状である。 散形花序というのは、枝先からたくさん花柄が出て、その先に1個つずつ花がつく花序のことである。 花は一重で、花径15~25ミリくらいである。 花の色は淡い紅色である。 咢筒は鐘形で赤その他色をしている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン