文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. クリンソウ

クリンソウ [九輪草]

  • クリンソウ
  • クリンソウ
花の色
開花時期 4月 5月 6月
花の特徴
花は地上から伸びた花径の先に数段に輪生してつく。 花径は2~3センチで、花の色は紅紫色である。 花冠は先で5つに裂け、横に平らに開く。 それぞれの裂片の先は浅く2つに裂ける。 萼片は緑色で5枚である。 雄しべは5本、雌しべは1本である。
葉の特徴
根際から生える葉は長さ20~40センチくらいあり大形で、ロゼット状となる。 葉の形はへら形で皺があり、縁には不揃いの浅い切れ込みがある。 葉のつけ根の部分は狭くなり、葉の柄は紅色を帯びる。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
和名の由来は、段になって輪生する花の様子を、仏塔の先にたつ「九輪」に見立てたものである。 別名をナナカイソウ(七階草)、シチジュウソウ(七重草)ともいう。 属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。 種小名の japonica は「日本の」という意味である。
生育地 山地の湿地や沢沿いなど
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 40~80センチ
分布 北海道から四国
名前の読み くりんそう
分類 サクラソウ科 サクラソウ属
学名 Primula japonica

クリンソウ [九輪草]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ノアザミ

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:茎の先に頭花を上向きにつけ、筒状花をたくさん咲かせる。 花の下にある総苞片(花序全体を包む葉の変形したもの)が球形で、ねばねばするのが特徴である。 花の色は紅紫色のものが多いが、白いものもある。

  • オミナエシ

    色:
    大きさ:60~100センチ
    花の特徴:茎の上部で枝分かれをして散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、黄色い小さな花が群がり咲く。 1つ1つの花は合弁花で、先が5つに裂けている。 裂片の先は丸い。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ