文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. クルマバソウ

クルマバソウ [車葉草]

  • クルマバソウ
  • クルマバソウ
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
茎の上部に白い小さな花を数輪つける。 花径は3~5ミリくらいである。 花は漏斗形で、先が十字状に深く4つに裂ける。 雄しべは4本である。
葉の特徴
葉は細長い楕円形で、6~10枚くらいが輪生する。 葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はなく、葉の先は尖る。 葉には柄はなく、葉の縁や葉の裏面の葉脈上には毛が生える。
実の特徴
花の後にできる実は球形の分果(複数の子房からできた果実)で、2つのブロックからなる。 鉤状の棘があり、衣服などについて運ばれる。
その他
和名の由来は、葉の様子を牛車の車輪に見立てたものである。 全草にクマリンという芳香成分を含む。 このため、ヨーロッパではビールやワインの香りづけに利用される。 また、衣服の防虫剤としても利用される。 属名の Asperula はラテン語の「asper(粗面)」の縮小形である。葉面がざらつくことから名づけられた。 種小名の odorata は「よい香りのする」という意味である。
生育地 平地や山地の道端や林の中など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~30センチ
分布 北海道から本州 北半球に広く分布
名前の読み くるまばそう
分類 アカネ科 クルマバソウ属
学名 Asperula odorata

クルマバソウ [車葉草]

今咲いている花

3月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン