文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. クレマチス・アーマンディー(テッセン)

クレマチス・アーマンディー(テッセン) [クレマチス・アーマンディー]

  • クレマチス・アーマンディー(テッセン)
名前の読み くれまちす・あーまんでぃー(てっせん)
分類 キンポウゲ科 センニンソウ属
学名 Clematis armandii

クレマチス・アーマンディー(テッセン) [クレマチス・アーマンディー]

同じキンポウゲ科に属する花

今咲いている花

8月に咲く花

  • アンデスノオトメ(カッシア)

    色:
    大きさ:2~3メートル
    花の特徴:葉の脇から散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、マメ科特有の黄色い蝶形をした花を咲かせる。 花径は3センチくらいである。

  • キバナコスモス

    色: オレンジ
    大きさ:30~100センチ
    花の特徴:花茎の先に花径6センチくらいの花(頭花)を1輪つける。 花の色はオレンジ色ないし黄色である。 周りにつく舌状花は普通は8枚で、先が3つに切れ込む。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ