文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. クレマチス・ビエネッタ

クレマチス・ビエネッタ

  • クレマチス・ビエネッタ
花の色
開花時期 5月 6月 7月 8月 9月 10月
花の特徴
新旧関わらず両ほうの枝に花が咲きます。花径は6~8cm。
生育地 鉢植え、庭植え
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 200~300cm
名前の読み くれまちす・びえねった
分類 キンポウゲ科
学名 Clematis

クレマチス・ビエネッタの動画

クレマチス・ビエネッタ

今咲いている花

7月に咲く花

  • キンシバイ

    色:
    大きさ:1メートル
    花の特徴:枝先にふっくらとした黄金色の5弁花を次々と咲かせる。 花径は3センチくらいで、花弁にはそれぞれ切れ込みが入る。 花の真ん中には1つの雌しべがあり、柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は5つに裂ける。 雌しべを取り囲んでたくさんの雄しべがあり、5つの束になっている。 雄しべの長さは花弁よりは短い。

  • イトバハルシャギク

    色:
    大きさ:30~40センチ
    花の特徴:茎の上部に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、 花径5センチくらいの黄色い花(頭花)をたくさんつける。 舌状花は8枚で、キバナコスモスに似ている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ