文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. クレマチス・モンタナ(テッセン)

クレマチス・モンタナ(テッセン) [クレマチス・モンタナ]

  • クレマチス・モンタナ(テッセン)
  • クレマチス・モンタナ(テッセン)
名前の読み くれまちす・もんたな(てっせん)
分類 キンポウゲ科 センニンソウ属
学名 Clematis montana

クレマチス・モンタナ(テッセン) [クレマチス・モンタナ]

同じキンポウゲ科に属する花

今咲いている花

8月に咲く花

  • オオケタデ(オオベニタデ)

    色: ピンク
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:花径6ミリから7ミリの紅紫色の小さな花が集まり、穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)となる。 イヌタデを大きくしたような花である。 先の丸い花びらが5枚あるが、花びらは花弁ではなく萼片である。

  • カラスビシャク

    色:
    大きさ:30~40センチ
    花の特徴:花茎は葉の根元で分かれ、葉より高く伸びる。 そして花茎の先端に長さ6~7センチくらいの筒状で上部が開いた緑色の苞(仏炎苞)をつける。 仏炎苞に包まれるようにして棒状の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ