文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. クロサンドラ

クロサンドラ

  • クロサンドラ
花の色 オレンジ
開花時期 6月 7月 8月 9月 10月
葉の特徴
強い光沢があり、濃い緑色をしている。
その他
日本には大正初期に輸入された。別名サマーキャンドルと呼ばれることもある。
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 15~80cm
分布 熱帯アフリカ、インド原産
名前の読み くろさんどら
分類 キツネノマゴ科 クロサンドラ属
学名 Crossandra

クロサンドラの360度画像ビューワー

クロサンドラの画像ビューワー1

クロサンドラ

同じキツネノマゴ科に属する花

今咲いている花

7月に咲く花

  • ブルースター(ルリトウワタ)

    色: ピンク
    大きさ:60~100センチ
    花の特徴:花は有柄で茎の先端近くの葉腋に数輪の花をつける。花冠は車形で径は約3㎝の5弁花。淡い青色から濃い青色になり、老化すると桃色や淡紫色になる。

  • ニゲラ(クロタネソウ)

    色: ピンク
    大きさ:40~80センチ
    花の特徴:白、ピンク、ブルーなどの花を咲かせる。 花弁は退化していて密腺状となる。 花弁のように見える5枚のものは萼片である。 花の色は白、青、黄色、紫色などで、八重咲きのものもある。 雄しべは5本である

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ