文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. グラスペディア(クラスペディア・クロボーサ)

グラスペディア(クラスペディア・クロボーサ)

誕生花
11月 6日
花言葉
永遠の幸福心の扉をたたく
グラスペディア(クラスペディア・クロボーサ)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月8月9月10月
花の色
名前の読み ぐらすぺでぃあ(くらすぺでぃあ・くろぼーさ)
分布 オーストラリア原産でニュージーランドなどに分布する。
生育地 庭植え、鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 50~100㎝
分類 キク科 グラスペディア属
学名 Craspedia globosa
花の特徴
花は舌状花がなく筒状花だけで、頭状花序が、真っ直ぐに硬く長く伸びた花径の先端に2~3㎝の球形をなす。
葉の特徴
へら形の緑銀色の長い葉が、ロゼット状の株を形成する。根際から生える葉は線形で、銀白色を帯びる。
実の特徴
痩果。花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
その他
別名はクラスペディア・グロボーサ、形状から、ドラムスティック、ゴールデンスティック、イエローボールとも呼ばれ、寒さに弱いため暖地では多年草だが、寒地では一年草として扱う。ドライフラワーとして利用されることが多い。また、英名はドラムスティック(drumstick)である。ゴールドスティックの名で流通しているものは本種の園芸品種(Gold Stick)である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2
  • もっと見る

「グラスペディア(クラスペディア・クロボーサ)」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
6月7月8月9月10月
同じ月の誕生花
11月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!