文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. コケモモ

コケモモ [苔桃]

誕生花
-月 -日
花言葉
小さな甘いトキメキ
コケモモ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 5月6月7月
花の色 ピンク
名前の読み こけもも
分布 北海道から本州、
周北極地域に広く分布
生育地 高山ないし亜高山の日当たりの良い岩場や砂礫地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 10センチ
分類 ツツジ科 スノキ属
学名 Vaccinium vitis-idaea
花の特徴
枝先に紅色を帯びた鐘状の花を数個下向きにつける。
花の先は4つに裂けている。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
硬くて光沢があり、真ん中の葉脈が目立つ。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
実の特徴
実は直径1センチくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋になると赤く熟する。
この花について
その他
酸味があって、生食するほか、果実酒やジャムなどにする。
利尿効果や尿路殺菌作用がある。
和名の由来は、地面を這う様子を「苔」にたとえたものである。
「モモ」は方言で「木の実」を意味する。
北海道では、アイヌ語のフレップ(赤い実)の名で知られている。
属名の Vaccinium はラテン語の「vaccinus(牝牛の)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の vitis-idaea はギリシャ神話に出てくる「クレタ島のIda山のブドウ」という意味である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「コケモモ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
5月6月7月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!